フリーWi-Fiの危険性

 

近年は、公共施設に設置されたフリーWi-Fiの普及が進んでいます。そんなフリーWi-Fiですが、実は使用することで、個人情報が盗まれてしまうかもしれない、危険なリスクがあるのもご存じですか?

ここでは、フリーWi-Fiの危険性などについて説明いたします。フリーWi-Fiを利用することの危険性について理解し、しっかり自己管理できるようにしましょう。

 

フリーWi-Fiは自由に使うことができるWi-Fi

Wi-Fiは、自宅のWi-Fiルーターとパソコンやスマートフォンなどの端末機器を無線で接続することで、インターネット接続を可能にしています。接続方法はIDやパスワードを入力して接続する方法が一般的です。

一方でフリーWi-Fiは、コンビニや、喫茶店、駅などの公共施設に設置されたWi-Fiのことです。IDやパスワードの入力をしなくてもインターネット接続が可能なため、誰でも自由にインターネット接続を行うことができます。気軽に使用できるので、フリーWi-Fiは人気を集め、設置する公共施設など増加しているのです。

 

Wi-Fiの種類について詳しく解説

そもそも、Wi-Fiにはどんな種類のものがあるのでしょうか。ここではWi-Fiの種類について説明させていただきます。

 

①自宅で使用する一般的なWi-Fi

一番多く利用されているのが、自宅に設置されているWi-Fiです。自宅に設置されているWi-Fiは、プロバイダーと契約し、自宅の回線工事を行うことで、Wi-Fiの接続を可能にしています。Wi-Fiルーターは据え置き式のため、自宅に据え置くことでインターネット接続が可能な環境を作り出しています。ルーターに複数の端末機器を接続できるので、家族全員が好きなときにインターネットを自由に使用できることが特徴です。

また、自宅のWi-Fiは、光回線を使用している場合、高速通信でインターネットを使用することができます。そのため、動画視聴や重いデータの送受信も楽に行うことができます。

 

②契約することで使用できる公衆Wi-Fi

公衆Wi-Fiとは、スマートフォンの通信企業と契約することで、自由に使用することができるWi-Fiです。

契約した企業が提供しているWi-Fiであれば使用することができます。公衆Wi-Fiは暗号化がされているため、セキュリティ面は、フリーWi-Fiよりも安全です。

 

③誰でも使用できるフリーWi-Fi

先ほども説明した通り、コンビニや喫茶店などの公共施設で、誰でも使用できるWi-Fiのことです。ものによっては、会員登録しないと使用できない場合もありますが、基本はIDやパスワード入力が不要のため、誰でも簡単にインターネットに接続することができます。しかし、公衆Wi-Fiのように暗号化されていないため、情報が流出したりする危険性があるため、使用するには気を付けなければなりません。

 

④提供場所がわからない野良Wi-Fi

これは、フリーWi-Fiの一種になりますが、提供している発信元がわからない野良Wi-Fiには特に気を付ける必要があります。野良Wi-Fiは、IDやパスワード入力の必要がないため、簡単に接続することができますが、誰が提供しているかわからないため、場合によっては悪質なWi-Fiの可能性もあります。悪質なWi-Fiは個人情報を盗んだり、流出させてしまう可能性があるため、非常に注意しなければなりません。なるべくならば、野良Wi-Fiを使用するのはやめておいた方が良いでしょう。

 

⑤モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは、小型で持ち運びが可能なWi-Fiのことです。そのため、外出先でもWi-Fi接続を利用してインターネットを使用するができます。海外旅行に行く際もモバイルWi-Fiを持っていれば、海外でのインターネットの接続ができるため、非常に便利です。

 

フリーWi-Fiの危険性について知ろう

フリーWi-Fiを使用することで、どのような危険性があるか詳しく知っておくことが大切です。ここでは、フリーWi-Fiを使用することで起こる危険性などについて説明いたします。

まず、フリーWi-Fiを使用することで起こる危険性について、以下にまとめます。

 

・アドレス帳の流出

・写真データの流出

・LINEのアカウントが知らない誰かに乗っ取られてしまう

・クレジットカードや口座情報が流出

・スマートフォンを遠隔操作されてしまう

 

このように、フリーWi-Fiを接続することで、沢山の危険性を背負うリスクがありますので、使用する際は十分注意して使用しなければなりません。特に遠隔操作は、勝手に写真が撮られ、顔や自宅が知られてしまい、そこから事件に巻き込まれるケースがあるので、気を付けましょう。

 

危険から身を守るにはどうすれば良い?

では、フリーWi-Fiの危険性から身を守るにはどうすれば良いか気になりますよね。以下にフリーWi-Fiから身を守るための対策方法をまとめますので、これを参考に対処していただければと思います。

 

・端末機器のWi-Fiの接続設定を自動接続にしない

・Wi-Fiの提供先を調べてから使用する

・Wi-Fiの接続時に鍵のマークがついているか見ておく

・個人情報などの入力時は、自宅のWi-Fiでしか行わないようにする

・野良Wi-Fiの使用を避ける

 

以上のことを守ることで安全にインターネットを使用することができるでしょう。

 

自分の身は自分で守れるように管理しておこう

今回はフリーWi-Fiの危険性について説明いたしました。このようにフリーWi-Fiを使用することで多くの危険性を背負うリスクがあり、場合によっては事件に巻き込まれてしまうなんてこともあります。なので、フリーWi-Fiを使用する際は十分注意するようにしましょう。