Wi-Fiの速度を上げる方法、速度が遅い場合の対処法

 

現在は、インターネットを使用するのが当たり前の時代です。ネットショッピングや、口座振り込み、ゲーム、動画視聴など、様々なことがスマートフォンやパソコン1つあれば、できるようになりました。それを行うには、インターネットを接続しますが、その際に必要になるのがWi-Fiです。Wi-Fiは、無線で接続ができるため、多くの方がインターネットを使用するのにWi-Fiを使用しています。

しかし、そんなWi-Fiの接続が、時々遅くなるときがあります。遅くなることで、サイトを開けなかったり、動画を観るにも、画面が時々止まってしまったりなど、不便に感じることが増加します。不便な思いをするのは嫌ですよね。

そこで今回は、その原因が何かについて説明させていただきます。また、改善策についても説明いたしますので、これを機に、快適なインターネット生活を送りましょう。

 

インターネットの接続が遅くなるのはなぜか?原因や改善策を解説

Wi-Fi接続を使用していて、時々接続できなくなるのはなぜか知りたいですよね。ここでは、接続不良の原因や、その改善策について、いくつかにまとめて説明いたします。

 

①Wi-Fiルーターを設置する場所によって変わる

Wi-Fルーターを設置している場所に原因がある場合があります。例えば、Wi-Fiルーターの周りに家具や家電などの障害物があると、接続状況が悪くなる場合があります。Wi-Fiは、障害物などに弱いため、家具や家電を通り抜けて、電波を送ることが難しいのです。特に、電子レンジは電磁波が強力なため、Wi-Fiルーターに影響を与えて、接続できなくなったり、速度低下に繋がってしまいます。

また、1階に設置していて、2階で使用する場合などの際にも影響がでてきます。

建物の材質のよってもWi-Fiの電波を通さない場合があるので、設置する場所に注意するか、設置した場所の周りに家具や家電を置かないように心がけましょう。

ちなみに、オススメの設置場所は部屋の真ん中付近です。部屋の真ん中に置くことで、電波を隅々まで届けることができます。なので、置き場所で悩んでいる方は、なるべく部屋の真ん中の方に置いておきましょう。

 

②Wi-Fiルーターが干渉しあって接続できない

Wi-Fiの電波は干渉を起こしやすいです。そのため、近隣の家のWi-Fiの電波に干渉してしまい、インターネット接続ができなくなったり、速度低下に繋がる場合があります。

干渉するのを防ぐための改善策は、周波帯のチャンネルを変えることです。Wi-Fiの周波帯は2種類あり、2.4GHzと5GHzがあります。チャンネルは13、19です。5GHzは、新たにできた周波帯であり、より高速通信でインターネットを使用することが可能です。しかし、その分、接続が不安定というデメリットもあります。

一方で、2.4GHzは、かつてからある周波帯ですが、5GHzよりも障害物に強く、接続も安定しています。しかし、5GHzよりも通信速度は遅いです。

このように、2つのメリット・デメリットを理解したうえで、状況に応じて使い分けると良いでしょう。例えば、高速通信をしたくてWi-Fiルーターの近くでインターネットを使用する場合は5GHzを使用し、違う階や遠い部屋からインターネットを使用する場合は2.4GHzを使用するようにすると良いです。

 

③Wi-Fiルーターに接続している端末機器の数が多い

Wi-Fiルーターは1つにつき、複数の端末機器を接続できるようになっています。しかし、接続している端末機器の数が多いと、回線が混みあってしまうため、インターネットの接続ができなくなり、速度低下してしまいます。

なので、自宅のWi-Fiを使用している場合は、使用しているものしか繋げないようにしましょう。もし、使用していない端末機器がWi-Fi接続されている場合は、その端末機器の接続を解除するようにしましょう。

また、公共施設などに設置されているフリーWi-Fiも、複数の端末機器が接続されることで、速度低下してしまう恐れがあるため、その場合は、一度接続を切って再度接続し直すか、再起動させるなどして、改善しましょう。

 

端末機器を動きが鈍い場合は?

Wi-Fiに原因があるわけではなく、使用している端末機器などに原因がある場合があります。例えば、端末機器の容量が足りない場合は、重くなってしまうことがあります。この場合は容量に空きを作るか、端末機器を再起動させると良いでしょう。

また、古いバージョンのものを使用しているのも原因に繋がる場合がありますので、その場合は、最新のものに買い替えるしかありません。

他にも、ウイルスに感染したのが原因とみられるケースもあります。ウイルス対策をするためにも、ウイルス対策ソフトをインストールしておくと良いです。

 

改善してインターネットを快適に使用しよう

今回はWi-Fiでの接続が遅くなる原因や改善策について説明しましたが、いかがでしたか?

これを機に、Wi-Fiを使用していて、接続が遅くなってしまった場合は、以上の改善策を行ってみると良いでしょう。

これで快適なインターネット接続が送れると良いですね。

 

夜にインターネット回線の速度が遅くなる理由について

 

インターネットを使用する際、昼の時間帯よりも夜の時間帯の方が低速化したりして、接続に不便さを感じることがありませんか?

例えば、学校後や仕事後などの空いている時間に、息抜きに動画視聴やゲーム、ネットサーフィン、ネットショッピングなど、様々にインターネットを使用するかと思いますが、夜の時間帯に限って低速化してしまうと息抜きどころか余計イライラしてしまって不便に感じますよね。

実は、夜にインターネットの接続が遅くなると感じる方は多くいるみたいです。

そこで今回は、なぜ、夜の時間帯にインターネットを使用すると通信速度が低速化してしまうのかの原因や、改善策などをご紹介させていただきます。

 

インターネットの低速化の要因はサーバーにある?

昼夜構わず、突然インターネットが低速化してしまう時ってありますよね。では、なぜインターネットの低速化が当然起きてしまうのでしょうか。

それは、インターネットのサーバーに問題があります。

まず、インターネットを使用する際、多くの人がアクセスすると、回線やサーバーが混み合ってしまいます。サーバーが混み合うことで、パソコンやスマートフォンなどの端末機器が処理できなくなってしまうのです。多くの人が同じサイトを同時に見ることで、サーバーが混み合い、低速化が起きてしまいます。よく、テレビで良いと思った商品などを検索するとサーバーが混み合ってしまい、全く見ることができない場合がありますよね。これは、一気に同じ求人を見たことで起きてしまった現象なのです。この場合は時間をおいて再度サイトにアクセスすると良いでしょう。

 

設置位置が良くない

Wi-Fiルーターを設置する際、位置によっては、電波が届かなくなってしまう場合があります。Wi-Fiルーターの電波は障害物や建物材質などによって、端末機器まで電波が届かなくなってしまう場合があるのです。例えば、Wi-Fiルーターの近くに家具や家電があると、電波を届きにくくなります。また、コンクリートなどの建物の材質によっては、電波を通せず、インターネットを使用できない環境を作ってしまうという場合あります。

なので、Wi-Fiルーターを使用する際は建物の材質や設置する位置も考えなければなりません。

他にも、ルーターが古い製品のため、インターネットになかなか接続ができないというケースもあります。その場合は最新のものに買い換えるしかないでしょう。

 

端末機器の容量が足りない

低速化している時に考えられるのは、スマートフォンやパソコンなどの端末機器に原因があると考えます。例えば、容量メモリがなくなってしまった場合です。この原因としては、端末機器の製品が古いバージョンであったり、スペックが低い、一度の使用に複数のソフトウェアを起動してしまった、データ残量が残りわずかな場合などが挙げられます。

では、容量メモリがなくならないようにするにはどうすれば良いか気になりますよね。

写真やアプリなどの必要のないデータや、キャッシュが残っている方は、削除して空き容量を増やすようにしましょう。また、一度に複数のソフトウェアを起動せず、使っていないものは消しておくなどして気をつけることが大切です。これは、スマートフォンやパソコンなどの端末機器の動作に関係するので、やっておいて損はないです。もし気になる方は、余分なデータは削除するようにしましょう。

それでも、改善されない場合は、古いバージョンから最新のバージョンに変更するか、ウイルスにかかっていないか確認するようにしましょう。場合によっては、ウイルスにかかってしまって、インターネットの接続が遅くなってしまう場合もあります。

ウイルスは回線を遅くするだけでなく、個人情報が流出する可能性や、データが破損してしまう可能性がありますので、ウイルス対策ソフトをインストールして、ウイルス対策をしっかりと行うようにしましょう。

 

プロバイダーに問題がある可能性も

プロバイダーにエラーが発生して、インターネットの使用ができなくなる可能性もあります。例えばメンテナンスなどは、夜に行われることが多いです。また、接続回線が重くなってしまい接続が遅くなるケースもあります。プロバイダーに関しては、自分たちで改善する方法がないので、復旧するのを待つしかありません。

 

夜は多くの人がインターネットを使用するから遅くなる?

インターネット接続が遅くなる原因について、説明しましたが、夜にインターネットを使用すると遅くなる原因は、やっぱりインターネット回線の混雑でしょう。夜は、多くの方が仕事や学校終わりなので、自分の時間を過ごしている方が多くいます。そのため、ネットショッピングやゲーム、動画視聴など、インターネットを自由に使用する機会が多くなります。そのため、多くの方がインターネットを行うことで、インターネット回線が混雑し、通信速度の低速化につながっているのでしょう。

改善策としては、インターネットを使用する時間を変えたり、少し時間を置いてから行うなどして、対策すると良いでしょう。また、プロバイダーを変更してみても、通信速度の改善につながる場合もあります。それでも、なかなか改善されない場合は、先ほどご紹介したように、ウイルスが原因だったりする場合があるので、気をつけましょう。

 

改善策をいろいろ試して快適なインターネット生活を

今回はインターネットの通信速度が低速化する原因などについて説明しましたがいかがでしたか?

このように、インターネットが低速化するには様々な理由があるのです。

ですが、夜間帯にインターネットの通信速度が遅くなる場合は、回線が混雑しているのが原因であることがほとんどです。その場合は時間を置くなど対策してインターネットを使用するようにしましょう。

もし、それでもなかなか直らない場合は、今回ご説明した原因、内容などをご参考にしていただければと思います。