WiMAXとポケットWiFiの違い

 

WiMAXとポケットWiFiについてご存じですか?

どちらもインターネット通信を行う際に必要なアイテムになりますが、機能的には同じなので、名称が異なるだけなのでしょうか。

しかし実際は、性能など、大きく異なる点があります。

今回は、そんなWiMAXとポケットWiFiについて、それぞれ説明させていただきます。是非2つの違いなどを理解していただければと思います。

 

どちらもモバイルWi-Fiの一種?モバイルWi-Fiについて解説

WiMAXとポケットWiFiは、どちらもモバイルWi-Fiルーターの一種です。そんなモバイルWi-Fiについて、そもそもどういう機能性を持っているかについて説明させていただきます。

モバイルWi-Fiは、無線でインターネット通信ができる、自宅用のWi-Fiと同じ機能を持っていますが、自宅のWi-Fiルーターよりも小型サイズのルーターになります。簡単に持ち歩きができ、外出先でも簡単に使用することができます。例えば、キャンプ場や電車内など、インターネット接続ができない場所が多くありますが、モバイルWi-Fiルーターを持ち歩いていれば、インターネット通信ができる環境を作ることができ、そして、IDとパスワードを入力すれば、簡単にインターネットを使うことができるのです。

このように、外出先でもインターネットが使えることから、現在多くの人がモバイルWi-Fiを利用しています。

 

モバイルWi-Fiはこんなところが便利

モバイルWi-Fiを使用していて便利に感じる点について説明いたします。

まず、モバイルWi-Fiは、自宅用のWi-Fiルーターと同じで、無線でインターネットに通信でき、複数の端末機器を繋ぐことができるところが便利な点です

そのため、複数の端末機器で色々な作業を並行させて行うことができるのが良いでしょう。

また、自宅のWi-Fiルーターを契約する際、回線工事が必要になりますが、モバイルWi-Fiならば、契約して、ルーターの電源を付ければ、簡単に使用できるようになるため、回線工事を行わなくても簡単にインターネットを使うことができます。

工事の業者を呼ぶ手間が省けるので、近年では、自宅の回線工事を行わず、モバイルWi-Fiだけを使用している方が増加しているのです。

ただ、モバイルWi-Fiは充電式です。充電式なので、バッテリーの残量が無くなってしまうと、使用できなくなってしまいます。モバイルWi-Fiを使用する際は、バッテリーの残量には常に気を付けておくことが大切なのです。

 

ポケットWiFiとWiMAXについて

先ほどはモバイルWi-Fiについて説明いたしましたが、次にその一種であるポケットWiFiとWiMAXについてそれぞれ説明させていただきます。

 

①ポケットWiFi

ポケットWiFiは、モバイルWi-Fiルーターと同じ意味で使用されています。つまり、モバイルWi-Fiルーター=ポケットWiFiということになります。

そのため、多くの人は、モバイルWi-FiルーターのことをポケットWiFiと呼ぶ方が多いです。

ただ、モバイルWi-Fiルーターを、pocket WiFiという名称で提供している企業(Y!mobile)

もありますので、少しややこしい面もあります。

 

②WiMAX

WiMAXもポケットWiFiも共にモバイルWi-Fiルーターとして使用されます。

ただ、WiMAXの場合は、接続方式が普通のポケットWiFiとは異なります。

 

WiMAXは通信方式が異なる?速度制限は?

一般的なポケットWiFiは、4GLTEと同じモバイルデータ通信の通信方式を適用しているため、安定した通信接続ができます。また、全国各地に通信局が設置されており、使用できる範囲も広いため、便利です。

しかし、速度制限が設けられており、一定の通信量を超えて使用してしまうと、速度制限がかかってしまうので、気を付けて使用しなければなりません。特に、容量の大きいデータの送受信や、動画視聴の回数が多いと、速度制限にかかりやすいので気を付けましょう。

一方で、WiMAXは、専用の通信局が設置されており、そこから電波を送受信してインターネット通信が行われています。高速通信ができるのが特徴で、その速度は、自宅で使用されている光回線と同レベルの通信速度です。また、WiMAXは、ポケットWiFiよりも緩い速度制限であり、3日間で10GB以上使用すると、速度制限がかかるという内容になります。

このように、高速通信で、速度制限も緩いということから、WiMAXを契約する方が、近年増加しているのです。

 

電波の安定性はポケットWiFiの方が良い?

WiMAXは、高速通信ができますが、一方で建物の障害などに弱いです。

そのため、山間地域や地下でWiMAXを使用すると、電波が障害物にさえぎられてしまい接続できないという現象が起きてしまう場合があります。

一方で、ポケットWiFiのモバイルデータ通信は、安定した通信接続ができるため、安定さを求めるのならば、ポケットWiFiを使用した方が良いでしょう。

 

自分に合ったものを選んでインターネットを活用しよう

今回はポケットWiFiとWiMAXについてそれぞれ説明いたしました。

このように、それぞれ異なる点がありますので、契約する際は、どちらの契約内容もしっかり確認してから契約するようにしましょう。

また、プロバイダーによっても契約内容が異なりますので、プロバイダーごとの比較も大切です。

自分の生活に合ったものを選択して、インターネットをうまく活用させて生活していきましょう。

 

WiMAXとWiMAX2+の違い

 

WiMAXは今や多くの人がご存じかと思いますが、インターネットを使用するのに重要なアイテムです。

そして、最近では、WiMAX2+という新たなバージョンも普及が進んでいます。

また、コマーシャルでも人気女優の方が適用されていますよね。

しかし、そんなWiMAXですが、2020年をもって終了してしまいます。今後はWiMAX2+が主流となっていくことになります。

ここでは、WiMAXとWiMAX2+、2つの違いについて比較して説明させていただきます。

 

WiMAXは特殊な通信方式?

よく、スマートフォンや携帯電話の通信で、3Gや4GLTEなどの言葉を耳にしますよね。これらはモバイルデータ通信方式を適用していますが、WiMAXもそれと同様の通信方式を適用しています。ただ、通信規格が異なります。

スマートフォンなどの接続の場合は、全国各地にあるキャリアごとの通信局から電波を送受信してインターネット接続を可能にしており、電話やメールなどの使用も可能になっています。一方で、WiMAXも、専用の通信局から電波を送受信してインターネット接続を可能にしていますが、電話やメールができません。Wi-Fiルーターと同じ役目を果たすアイテムなので、インターネットの接続のみしかできないのです。

ですが、最近ではアプリで電話やチャットができるため、あまり支障はないでしょう。

 

WiMAXを使って便利な面は?

WiMAXは、自宅のインターネット回線で、よく使用されている光回線と同じくらいの通信速度でインターネット接続ができます。また、自宅のインターネット回線は、使用するのに回線工事が必要になりますが、WiMAXは契約さえすれば、回線工事をする必要がなく、簡単に接続ができるため、近年では、工事業者を呼ぶ必要のないWiMAXに契約して、自宅でもWiMAXを使用する方も増えています。

また、WiMAXは、小型サイズで持ち運びができるため、外出先でもインターネットを簡単に使用することができます。いつでもどこでも使用できるのが便利なのです。

ただ、持ち運びができる分、充電式なので、充電が切れてしまうと使用することができなくなってしまいます。そのため、常に充電の残量を気にしなければなりません。

 

WiMAXとWiMAX2+を比較してみよう

WiMAX2+は2+という文字がついている通り、WiMAXの性能が向上された新しいバージョンになります。

では、WiMAXとWiMAX2+の違いとは何なのでしょうか、いくつかの項目に分けて、2つの違いについて説明させていただきます。

 

1:向上されたWiMAX2+は通信速度も速い

WiMAXとWiMAX2+の通信速度ですが、WiMAX2+の方がはるかに速いです。

WiMAXは上り速度が15.4Mbps、下り速度が13.3Mbpsになります。一方でWiMAX2+は上りが30Mbps、下りが558Mbpsと、WiMAX2+の方がはるかに速い速度でインターネット接続を行います。また、ハイスピードモードを利用すると、下り速度が708Mbpsになるため、WiMAXとの速度の差はかなり大きいです。

 

2:WiMAXは無制限、でもWiMAX2+は通信制限あり

通信制限ですが、WiMAXの方は、無制限でインターネット接続ができたため、通信制限を気にすることなくインターネット接続ができ、非常に便利でしたが、WiMAX2+の場合は、速度制限がかかるようになってしまったのが難点です。

ただ、WiMAXの速度制限の内容ですが、3日間で10GB以上使用しなければ速度制限がかかることはありません。常に動画視聴をしたり、重いデータを共有しなければ速度制限にかかることはないので、安心して使用して良いでしょう。

 

3:使用可能な範囲はWiMAX2+の方が広い

WiMAXが終了し、WiMAX2+の普及が進んでいくことが影響し、WiMAX2+の方が使用できる範囲も広がっています。ただ、WiMAXは、障害物などに弱く、地下や山間部では使用できなかったり、低速化してしまう場合がありますので、注意して使用するようにしましょう。また、使用可能な範囲を知りたい場合は、サイトに載っていますので契約する際は事前に調べておくと良いでしょう。

 

WiMAX2+を契約してインターネット接続を快適にしよう

今回は、WiMAXとWiMAX2+について、それぞれの違いなどを説明させていただきました。WiMAXは2020年をもって提供を終了してしまうため、今後、WiMAXを契約したいと考えている方は、WiMAX2+を契約することになるでしょう。

また、現在WiMAXを使用している方も、WiMAX2+に乗り換えるようにしましょう。速度制限があるため、不便な点もありますが、それ以上に通信速度が速いという便利な点もあるので、乗り換えを考えている方は、WiMAX2+に乗り換えましょう。

 

Wi-FiとLTEの違い

 

インターネット通信で多く利用されているWi-Fiと4GLTE。スマートフォンやタブレットなどでインターネットを使用する際、左上にWi-Fiのマークが記載されている時と、4Gと記載されている時がありますよね。この2つの通信接続は、それぞれ異なった通信方法なのです。今回は、この2つについて、それぞれの特徴や、異なる部分などを説明していきたいと思います。

 

Wi-Fiはルーターの電波によって接続している?

Wi-Fi接続は、ルーターというものから、電波が発信されることで、無線でのインターネット接続を可能にしています。スマートフォンやタブレット、パソコンなどの機器はもちろん、最近では、プリンターやカメラ、さらにエアコンや体重計などの家電製品にまでWi-Fi機能が搭載されています。Wi-Fiは1つのルーターで複数の端末機器の接続ができるため、非常に便利です。

最近では、モバイルWi-Fiというものも普及されており、小型で持ち運びができるサイズなため、外出先などでもインターネットができるようになっています。また、喫茶店やコンビニなどの公共施設にも、Wi-Fiが設置されているため、無料でWi-Fi接続ができるフリーWi-Fiというものも用意されています。

このように、Wi-Fiの普及はどんどん進んでいるのです。

また、Wi-Fiでの接続はデータ量が無制限で使用できます。そのため、スマートフォンなどを利用している方はWi-Fi接続に切り替えることで、データ量の上限を超えずにインターネットができるのです。

 

4GLTEは公共の通信局から電波を送受信している?

4GLTEはモバイルデータ通信の一種です。auやソフトバンク、ドコモなどの大手携帯会社が提供している通信局から電波を送受信することで、インターネット接続を可能にしています。かつては3G回線が主流でしたが、現在は4G LTEが主流となっており、4Gの方が、通信速度が速かったりと、高性能です。Gの意味はgenerationの意味で、世代ということです。つまり、4Gは第4世代ということになるため、性能も上がっているのです。

また、4Gは圏外の場所でもインターネットに繋がりやすいです。高性能だからこそ、通信が向上しているのでしょう。

しかし、3G接続の方が良い場合もあります。例えば、音声通話などは3Gの方が良いです。そのため、対策としてVoLTEという回線が作られました。VoLTEがあることで、3Gと4Gを併用していた通話が、4Gのみで通話できるようになりました。

また、電波の範囲が広いのも3G回線になっています。そのため、場所によっては4G接続ができず、3G接続になってしまう場合があります。

LTEですが、 LTEは4Gが普及される少し前にできたもので、3Gから4Gに移行するためにできた通信方法です。4GとLTEには性能の差があまりないため、4GLTEと一括りでまとめて呼ばれています。

 

2つの異なる点をまとめてみた

先程はそれぞれの通信方法についてご説明しましたが、そんな2つの通信方法は何が異なるのか気になりますよね。ここでは通信方法の違いなどをご説明いたします。

 

①Wi-Fiの方が高速通信

Wi-Fiは4Gでの接続よりも、はるかに高速通信です。Wi-Fiは自宅のインターネットにルーターを接続することでインターネットの使用が可能になっています。自宅のインターネット回線は光回線などの高速通信なので、置くタイプのルーターは非常に良いでしょう。 また、モバイルWi-Fiに関してですが、モバイルWi-Fiの場合は、もともと4G LTEの電波が、小型のWi-Fiルーターに接続されることでインターネットの接続が可能になっています。そのため、自宅用のWi-Fiよりは遅い速度になっています。また、通信環境や地域などによっても異なります。

 

②Wi-Fiは建物の障害に弱い

Wi-Fiの電波は建物や障害物に弱いことが多いです。建物の材質などによって電波が通らず、インターネット接続ができなくなる場合があります。コンクリートの壁などは特に電波を通しづらいです。また、家具や家電もWi-Fiの電波に影響を与えます。特に電子レンジなどはWi-Fiの電波と同じ周波帯なので、ルーターの近くに置いてしまうと、インターネット接続ができなくなる不具合が起きてしまいます。このように、Wi-Fiは障害物などに弱いのです。

一方で、4GLTE回線は、通信局から電波を送受信してインターネットを接続しているため、安定したインターネット接続ができます。通信局もありとあらゆる場所に設置されているため、確実に電波が届くでしょう。ただ、4G LTE回線は、使用機会が増えたため、現在多くの通信局の普及が進んでいますが、3Gよりもまだ、通信範囲が狭く、障害によって通信できなくなる可能性もありますので注意が必要です。

 

③通信制限がかからないのはWi-Fi

4G LTEなどのモバイルデータ通信は、インターネットに接続する際、一定のデータ量を使用してしまうと、速度制限がかかり低速化してしまう恐れがあります。低速化が起こるとインターネット生活に支障が出るため非常に不便です。

一方でWi-Fiは無制限でインターネット接続ができるので、快適にインターネット生活を送ることができるでしょう。モバイルWi-Fiは無制限のものもあれば、速度制限があるものもあります。しかし、速度制限のあるものでも、スマートフォンの低速化よりは緩い制限なので、まだ、インターネットを使用するにはましでしょう。

 

状況によって使い分けてインターネットをしよう

今回はWi-Fiと4G LTEの違いについて説明しましたがいかがでしたか?

通信速度や、電波の状況、通信制限など、状況によってインターネット接続を使い分けると良いでしょう。

また、2020年には5G回線も普及され始めると言われています。これから、インターネット通信はますます発展を遂げていくでしょう。